お知らせ

WHAT'S NEW

プレスリリース:日本ベネックス、愛知県春日井市にて2.4MWの「屋根借り」メガソーラーを稼働

日本ベネックスとして初の中部地方での太陽光発電所の稼働

株式会社日本ベネックス(本社:長崎県諫早市、代表取締役社長:小林洋平、以下:日本ベネックス)は、愛知県春日井市の物流施設「DPL春日井」※ の屋根を賃借した太陽光発電所「ベネックス春日井ソーラーポート」の運転を開始したことをお知らせいたします。

日本ベネックスとして10件目となる “屋根借り”メガソーラー「ベネックス春日井ソーラーポート」。東名高速道路「春日井IC」から約7.5kmに位置する物流施設「DPL春日井」の屋上屋根に5,252枚の太陽電池モジュールを設置して建設を進めており、このたび稼働いたしました。年間予想発電量は、一般家庭約900世帯分に相当する約275万kWhを見込んでおります。

【ベネックス春日井ソーラーポート概要】

発電所名

ベネックス春日井ソーラーポート

事業主

株式会社日本ベネックス

所在地

愛知県春日井市

出力

2,415.9kW (DC)

FIT単価

11.5円/kWh

年間予想発電量

約2,757,000kWh(一般家庭約900世帯分)

パネルメーカー

ハンファQセルズ

PCSメーカー

SMA

運転開始日

2021年11月20日

「ベネックス春日井ソーラーポート」の稼働により、日本ベネックスの保有する自社発電所は26件(約25.0MW)となりました。このうち、屋根借り太陽光発電所は10件(約16.3MW)となります。

日本ベネックスは、太陽光発電所の建設を通じて、再生可能エネルギーのさらなる普及を目指してまいります。

「DPL春日井」は愛知県春日井市(JR中央本線「高蔵寺」駅から約5km)に2019年に建設された、敷地面積47,579.22㎡、延べ床面積59,720.10㎡の5階建て物流施設。

アイコン この記事をシェアする