品質への取り組み

QUALITY ACTIVITY
イメージ画像

会社が健全に成長することで、
企業理念と社会的責任を果たします

QUALITY ACTIVITY

品質マネジメント

QUALITY MANAGEMENT
イメージ画像

株式会社日本ベネックスは、1999年12月に本社工場が「ISO9001 1994年版」を認証取得し、現在に至るまで会社の基軸として活動を継続しております。
皆様のお陰をもちまして、活動開始以降マネジメントシステム上で不適合のご指摘を受けることなく健全に成長し、企業理念と社会的責任を果たすことに役立てられております。

1999年12月  「ISO9001 1994年版」の認証取得
登録活動範囲 空調機器、冷凍冷蔵機器、制御盤、映像機器、船舶扉、産業機器用板金加工製品、ゲージ制作、設計・開発および製造
更 新 2003年2月:2000年版移行  2009年12月:2008年版移行  2018年1月:2015年版移行
活動内容 O.J.TおよびOFF.J.TによるISO活動趣旨の教育を行い、全社員の理解を深め、効果的な活動になるよう努めています。  (年2回内部監査実施中)

品質改善への取り組み

APPROACH

■品質方針

「常にお客様の立場に立って作り、品質を高め、最良の技術と商品を通じてお客様の付加価値の最大化を図ります。」

■2019年度 経営品質方針

「数字による目標管理を強化し、一人ひとりが当事者意識をもった改善活動を継続することにより、新しい付加価値を創造します。」

毎月実施される「品質管理委員会」で、各プロセスからPDCAに基づいた報告を行うことで、評価点や問題点を顕在化。質疑応答を通じて問題をリアルタイムに解決し、Q.C.D*の面でお客様に満足していただける品質の確保に努めています。*Quality, Cost, Delivery(品質、価格、納期)

不適合発生時は、その現象を各プロセスに向けてリアルタイム(2時間以内)&写真付きで公開。管理グループによる現物確認と原因分析を行い、各部署で同様のケースが該当しないか検証することで、再発防止の迅速化を図っています。

不適合の原因は、社内・顧客を問わず「なぜなぜ分析」で原因を究明。真の原因に対する適正な対策を検討・実施し、経過監視とレビューを実行。有効性を判断して完結させます。情報を取りまとめた分析グラフを作成して、以降の目標設定や改善事項の指標にしています。

イメージ画像:内部監査

内部監査

イメージ画像:ISOクローズミーティング

ISOクローズミーティング

取り組み

OUR APPROACH