お知らせ

WHAT'S NEW

プレスリリース:日本ベネックス、7月19日に5件目、1.8MWの「屋根借り」太陽光発電所を稼働

《福岡に続き、千葉にて今月2件目の太陽光発電所の運営を開始いたしました》

株式会社日本ベネックス(本社:長崎県諫早市、代表取締役社長:小林洋平、以下:日本ベネックス)は、千葉県印西市泉野の物流施設「千葉ニュータウンロジスティクスセンター」※ の屋根を賃借した太陽光発電所「ベネックス千葉ニュータウンソーラーポート」の運転を開始したことをお知らせいたします。

 日本ベネックスとして5件目となる “屋根借り” 太陽光発電所「ベネックス千葉ニュータウンソーラーポート」(1.8MW)。千葉ニュータウン中央駅に近隣する物流施設「千葉ニュータウンロジスティクスセンター」の屋上屋根に、5,360枚の太陽電池モジュールを設置して建設を進めており、このたび稼働いたしました。年間予想発電量は、一般家庭約540世帯分に相当する約195万kWhを見込んでおります。

【ベネックス千葉ニュータウンソーラーポート概要】

発電所名

ベネックス千葉ニュータウンソーラーポート

事業主

株式会社日本ベネックス

所在地

千葉県印西市泉野

出力

1,822.4kW (DC)

FIT単価

18.0円/kWh

年間予想発電量

約1,950,000kWh(一般家庭 約540世帯分)

運転開始日

2020年7月19日

日本ベネックスは、太陽光発電所の建設を通じて、再生可能エネルギーのさらなる普及を目指してまいります。

※「千葉ニュータウンロジスティクスセンター」は千葉県印西市泉野(北総線:千葉ニュータウン中央駅から車で約5分。常磐自動車と東関東自動車道の間)に建設された、敷地面積41,737.27㎡、延べ床面積101,167.56㎡、高さ約36mの5階建ての大規模物流施設。

アイコン この記事をシェアする